癌で死ぬ原因〜筋力低下(悪液質)にともなう呼吸機能低下

癌により呼吸機能が低下すると命に関わるという話です。

呼吸機能が低下する原因をいくつが挙げてみます。

  1. 悪液質による呼吸筋の減少
  2. 痰や唾液などによる窒息
  3. 肺炎
  4. 胸水が溜まり肺が膨らまなくなる
  5. 肺ガン自体の増大と炎症と肺転移

以上の5つが主に肺の機能を低下させる原因です。

呼吸機能の低下はどれかひとつが原因となるのではなく、複数の原因が相乗的に影響し合うということは知っておいてください。




悪液質による呼吸筋の減少

末期のガン患者の多くは痩せていて、悪液質になっています。悪液質による呼吸筋の減少が主な呼吸機能の低下の原因です。

悪液質とは癌細胞が放出する伝達物質の異常な分泌により、筋肉が消費され、栄養を筋肉や脂肪に変換することが出来ず、痩せていく病態です。

ガンの患者は強弱の差はありますが、悪液質になっています。悪液質は癌が大きくなると悪化します。

ガンは身体中の筋肉や脂肪を消耗し、生体機能が不十分になり、ゆっくりと死を迎えていゆきます。

 

呼吸のための筋肉がなくなったらどうなるか想像してみてください?

十分に息をすったり吐いたりできないので、息が苦しくなりそうですよね。

普段は横隔膜を上下させたり、肋間筋が胸郭を大きくしたり小さくしたりして、肺を膨らませたり、縮まらせたりして呼吸をしています。

横隔膜は筋肉であるため、悪液質になれば横隔膜の筋力も低下します。

横隔膜や肋間筋の筋力が低下し、十分な呼吸量が保てなくなると、肋間筋や肩や背中の筋肉など全身の筋肉使って呼吸をするようになり、いわゆる肩で呼吸をするようになります。

 

筋力がさらに低下すれば、生きてゆくのに必要な量の息ができなくなり、体に取り込む酸素が不十分となり、死を迎えることになるのです。

このサイトを読んでもらうと悪液質がどれほど死に直結しているかご理解いただけると思います。




痰や唾液などによる窒息

痰や唾液などによる窒息も呼吸機能を低下させる原因でしょう。

痰や唾液で窒息なんて普段の僕らの生活では考えられないが、ガン患者は窒息を生じやすい。

なぜだと思いますか?

やはりこれも、悪液質による筋力が落ちることが原因なのです!

健康なときや若い人は気管に異物が入っても強い咳をすることで異物を排除できますよね。

気管に異物が入り、強烈な咳が出た経験は誰でもあると思います。

正月にお餅が喉に詰まるのはご高齢の方と相場が決まっていますが、これも筋力の低下が原因です。

お餅がつまっても強い咳が出来なくなるから窒息してしまうのです。

筋力が弱まると食べ物のような異物だけではなく、痰が気管に溜まっても出すことが出来なくなり窒息してしまいます。

悪液質により呼吸に携わる筋肉量の低下により痰を出すための有効な咳をすることができなくなります。

咳払いをしてみてください。もしあなたが若く健康な人であれば「んんーん」と素早く大きな音を出すことが出来ると思います。

 

しかし、悪液質になり筋力が弱まると、咳払いが大変弱々しくなります。

痰を出そうとして咳払いをしても、非常に弱弱しく、ゆっくり「コーフ、コーフ」と咳をするようになります。

これでは痰を出すことは難しそうですよね。

 

わたしたちが口から吸った空気は喉の奥で気管と食道に分かれています。気管は左右に分かれ、さらに細かく枝分かれして最終提気には肺胞という血液に酸素を取り込み、二酸化炭素を血液から肺に出す部分になります。

枝分かれしたところを気管支といいます。

細かい気管支で作られた気道分泌物は、細いところから太いところに集められ、最終的に食道に排泄されるか、咳と共に、 痰として口から出されます。

 

健康であれば、気管支に痰や分泌物が溜まれば咳が出て、気管支を奇麗にして空気の通りを良くします。

気管支から痰を出すことの出来ない場合は空気の通り道を詰まらせてしまいます。

痰で空気が通らない気管支が多く出来てしまうと呼吸の機能が低下することになります。いわゆる『痰詰まり』という状態です。

痰が気管に溜まったときの息苦しさには麻薬性鎮痛薬のモルヒネが非常によく効きます。

しかし、空気の通りを改善するわけではない。苦しいという自覚症状がなくなるだけです。

 

気管に痰が溜まることで、血液中の酸素が減り、頭に行く酸素が減り、意識状態が悪くなり、全身状態が悪化し、死ぬ原因となるのです。

筋力低下により十分な咳払いが出来ないことが窒息の原因なのです。




肺炎

肺炎は肺の酸素を血液に取り込む機能を低下させます。炎症を起こした肺組織は、酸素を血液に取り込む能力が落ちるからです。

ガンの終末期では特に誤嚥性肺炎と呼ばれる肺炎が生じやすくなります。食事を飲み込むための筋と咳をする筋力が弱まり、誤嚥が生じてしまうことが原因です。

 

誤嚥性肺炎とは食べ物や唾液が肺に入り、肺炎を引き起こす病気のことです食べ物が誤って肺に入ると炎症を起こします

飲み込む作業はいろいろな筋肉や神経が関わる大変複雑な動作です。脳梗塞になると嚥下のような複雑な動作ができなくなり誤嚥性肺炎を引き起こしやすくなります。

 

肺炎は肺組織が炎症を起こすだけでなく、痰が増えます。痰が気管をつまらせることが呼吸機能を低下させる原因にもなります。

悪液質で筋力が低下すると、食べ物が気管に入っても排出することが出来なくなってしまいます。気管に徐々に痰が溜まり、酸素を取り込むことが出来なくなってしまうでしょう。

 

免疫機能が低下しているので、誤嚥性肺炎ではない普通の肺炎に罹りやすくなっています。

末期がん患者は、悪液質で筋力が低下し、空気を吸う能力が低下してます。肺炎による肺組織の炎症は致命的になるのです。

 

胸水が溜まり肺が膨らまなくなる

胸水というのは肺と胸郭の間のスペースに溜まる水のことです。ちょっとイメージがわきにくいかもしれませんが、肺という臓器は胸腔というスペースの中で風船のように膨らんでいる臓器です。

 

この胸腔というスペースには水が溜まりやすく、溜まるとその分だけ肺が膨らまなくなります。

肺と胸郭の間の胸腔という部分に癌転移すると胸水をたくさん作るようになります。

 

胸に水が溜まり、肺が膨らまないとしたらそれだけ苦しくなるのは想像出来るのではないでしょうか。

悪液質になると栄養状態が悪くなり、血中のタンパク質が減るため血管から水が漏れやすくなり、胸腔内にも水分が溜まるようになります。

胸水が溜まりすぎると、呼吸の機能が落ちて、命に関わる状態になってゆくわけです。

 

肺ガンや肺転移

肺ガンや転移の腫瘍が大きくなればそれだけ正常な肺の部分が減るわけなので、呼吸の機能は落ちることになります。

 

また肺ガンは周囲に炎症を引き起こし、肺炎のような状態になります。

肺ガン自体は小さくても肺の中にあるリンパに転移がすすむと酸素が十分取り込めないこともあります。これは癌性リンパ管症といわれています。

 

癌性リンパ管症になると酸素の取り込みが著しく悪化するためかなり致命的な状態といえます。

肺ガンが進行してゆけば、正常な肺が減り、生きてゆく最低限の肺がなくなってしまえば、命に関わることは想像できると思います。

肺機能の低下による死について理解していただけたと思います。

 

上に書いた5つの原因により、徐々に酸素の取り込みが悪くなり頭などの重要な臓器への酸素供給が減り、臨終に向かってゆくのです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

最期の迎え方に関してもっと知りたい方は、「もっと読んで心を軽くする」という関連記事欄を参考にしてください。その他の余命や終末期の症状などに関しては下にあるカテゴリーを参考にしてください。

 

スポンサーリンク


 

もっと読んで心を軽くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です