癌で死ぬ原因〜肝臓と腎臓の機能の低下

ガンが進行し、肝臓の機能や腎臓の機能が低下し、生命機能が破たんする場合があります。肝不全と腎不全による死です。

 

ガンがだんだんと大きくなり、肝臓をがん細胞が占拠したり、腎臓と膀胱の間の尿管を閉塞したりしてゆっくり肝臓と腎臓の働きが悪くなることが原因です。






肝不全による死

肝臓の機能が低下するとどうなるのでしょう?

 

肝臓では主に老廃物を分解したり、生きてゆくために必要なたんぱく質を作ったり胆汁を作ったりしています。

老廃物を分解できなくると体中に老廃物が蓄積してゆきます。

食べ物からエネルギーを取り出すと、アンモニアなどの老廃物が作られます。老廃物とはいわば毒素である。

 

例としてたんぱく質を分解すると生じるアンモニアは肝臓で尿素という毒性の低い物質に変えられて、尿として排泄しています。

アンモニアが溜ると、頭がおかしくなります。

痙攣したり、意識障害が出てきます。

 

また老廃物である乳酸が溜りすぎると、心臓の収縮力が弱くなったり、不正なリズムで収縮するようになります。

乳酸が溜りすぎると心臓の働きが極端に悪くなり最後には停止してしまうのです。

 

肝臓では様々な酵素(タンパク質)を作っています。

血液を固まらせるフィブリノゲンや消化酵素など。生きてゆくのに必要な酵素が減ってゆくと、食欲がなくなったり、固まりにくくなります。

 

肝臓機能の低下を生じる原因の一つに肝臓の転移があります。

肝臓へ転移したガン細胞が大きくなり、肝臓を占拠してゆくと正常な肝臓が減り、肝臓の機能が低下してゆきます。

 

肝臓は沈黙の臓器と言われ、相当な量の転移があっても生きてゆくことができるだけの余裕がありますが、正常な肝臓が減りすぎてしまい、生きてゆくための肝機能が保てないと老廃物が溜まり、生きてゆくのに必要な物質が作られなくなり、生命維持ができなくなるのです。

 

極度に肝機能が低下した状態では、皮膚の中で出血し紫斑(皮下出血)を生じやすくなり、脳内出血を起こしたり、出血しても止まりにくくなります。

ガンによる肝臓機能の低下速度が目に見えてくるころには相当量のがん細胞が肝臓を占拠しているはずです。

 

老廃物が溜り過ぎたり、必要な酵素が作られなくなって死を迎えることになります。

時に肝転移が肝臓内で出血し急激な最期を遂げる場合もあります。

次は腎機能低下についてお話しします。






腎臓の機能低下の場合

腎臓の主な機能は老廃物を排泄することと体の電解質のバランスを保つことです。

腎臓の機能が低下するのは、腎臓と膀胱をつなぐ尿細管がガンによって閉塞してしまうときや全身状態が悪くなり、腎臓に血液が十分送られない時などです。

 

肝臓とは違い、腎臓への転移は少ないのですが、腎臓から膀胱までの尿管という部分がガンに圧迫されて尿の通過障害を生じることで腎臓から尿が送ることができず、体の老廃物を排泄できなくなり、体の電解質バランスが崩れてしまいます。

老廃物が体にたまると様々な不具合が生じてきます。老廃物の一つであるアンモニアが体に溜まれば、脳機能低下を招き、徐々に意識も薄れてきます。

 

尿が出ないと、電解質バランスが崩壊します。カリウムが体に溜り過ぎると、心臓がとまってしまうのです。

尿管閉塞による腎不全はある日突然生じることがあります。急に意識状態が悪くなり、急逝することもあります。

おなかの下のほうのガンや骨盤内のガンは腎不全になりやすいということを知っておいてください。

 

まとめ

肝臓機能低下はゆっくり進み、目に見えた症状が現れたときには正常細胞は非常に少なくなっており、お別れが近づいてきているサインとなります。肝転移は肝臓内での出血を生じると、急激な最期を遂げる場合もあるということを心にとめておいてください。

 

腎機能低下はある日突然、目に見えて症状が現れることがあります。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

肝不全、腎不全に関する記事だけでなく、ガンの終末期に関わる症状については、下にある「もっと読んで心を軽くする」という関連記事欄がございます。カテゴリーも参考にしてください。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください