末期癌(がん)の余命一週間の症状は

余命予測をすれば、前もって準備や心づもりができるようになります。家族や介護をする方にとって必要な知識です。寂しくない最後を迎えさせてあげるために、最後の一週間に生じる症状を理解しておきましょう。

残された時間が数週間になると、ガンによる悪液質により、筋力低下が加速度的に進んだ結果、簡単な動作も出来なくなります。残された生存期間(余命)が二週間前ぐらいから、様々な日常的な活動が制限されます

移動に関しては特に症状が現れます。余命三週間ぐらいまでは自力でトイレに行けても、二週間前になると自力でトイレに行けなくなるケースが多くなります。

 

残された時間が一週間になるといろいろな症状が現れてきます。

大まかなイメージでは、自分のことがほとんど出来なくなり、自分で自分の体の向きを変えることも出来なくなり、少し動いただけで息苦しく感じるようになり、ベッドの上で過ごしているだけなのにだるさを訴え、食事は数口で満腹感を感じたり、ほとんど食欲がなくなって来たら最後の一週間になっている可能性が高いでしょう。訳の分からないことを言うようになったら、かなり高い確率で余命は一週間を切っています。

 

最後の一週間で症状が強くなるものを羅列しておきます。

  • だるさ
  • 食べれない
  • 足が像の足のように膨れる(浮腫)
  • 胸水、腹水が増える
  • 痛み
  • 便秘
  • 不眠
  • 息苦しさ
  • 不安の増強〜軽減
  • せん妄(意識レベルの低下)

たくさんありますが、余命予測に役立つ物を解説させていただきます。




 

だるさ・全身倦怠感・悪液質

腫瘍が大きくなり、様々な炎症性サイトカインが分泌され、悪液質の進行が加速します。

筋力低下だけでなく、食欲低下、体のだるさも悪液質影響です。最後の一週間は悪液質の症状が強くなります。

余命一週間の時点が「からだのだるさ」のピークになります。起きているだけで、「体がだるくて死にたくなる」ような感覚だと言います。

余命一週間の時点のからのだるさは、人によっては「死なせてほしい、殺してくれ」と願うほど辛いようです。

だるさの症状が極度に辛い時は鎮静を選ばれる方もいます。

食べれない

おおよそ余命の2週間前になると、食事が出来なくなります。食欲低下と食べる力が減退するためです。

余命一週間の頃は、ほとんど食べ物は口にしません。アイスクリームなど口当たりが冷たいものは食べるかもしれませんが、ご飯はほとんどの方は必要としません。

これも自然の流れです。流れに逆らい、無理に食べると気持ちが悪くなります。

 

浮腫

おへそより下で発生するがん(卵巣癌、子宮頚がん、子宮体がん、大腸癌など)は足の浮腫が強くなり、ゾウの様な足になります。靴が履けないぐらいムクムクに足が大きくなります。

栄養状態が悪化していることと、足からのリンパの流れが滞ることが原因で、キツイ脚の浮腫が生じてくるでしょう。特に余命一週間のころは、足が太くなりすぎて自分の力で足を動かすことも出来なくなることがあります。

余命一週間前であれば、浮腫の張り痛さを軽減することができますが、一週間を過ぎると浮腫が改善することはほとんどありません。

 

腹水・胸水

臍より上、横隔膜より下で発生する癌(胃がん、膵がん、肝臓がん、卵巣癌など)の場合、腹水や胸水がたくさん溜まるようになります。

腹水による腹部の張り痛さは辛く、利尿剤や麻薬性鎮痛剤で苦痛を軽減することは出来ますが、完全に症状が消えることはありません。

腹水を抜いてもらうことで症状が軽くなることもありますが、体のタンパク質を排出することになり、数日後に一気に痩せが進むことになります。

 

肺癌や卵巣癌の場合、余命一週間の頃は、栄養状態が悪いため、胸水が溜まりやすく、呼吸苦を生じてしまいます。

臨終に向かい、癌自体が大きくなると痛みが強くなる傾向があります。余命一週間ぐらいが痛みのピークになります。一週間を切ると、意識状態が悪くなり、痛みの訴えが減っていきます。




頭の症状(せん妄・意識レベル低下)

余命一週間を切る頃には、頭の機能低下の症状が目立ってきます。

余命一ヶ月を切ると注意力が低下し、テレビを見たり、新聞を読んだりしなくなります。さらに頭の機能が低下し、余命が一週間を切る頃になると、つじつまの合わないことを言うことがあります。質問しても、的外れな回答をされるようになっているでしょう。

人によっては幻覚を見ることがあります。知らない人がお見舞いにきてくれたとか、少年が病室に立っているとか、犬が部屋にいるといった幻覚をみるようになっているかもしれません。これをせん妄と言います。

 

余命一週間を切った頃に現れにくく、余命数日で現れる症状もあります。そのような症状には尿が出ない、チアノーゼ、言葉にならない声を出す、だるさが楽になる、眠ったままになるなどがあります。

 

 

まとめ

余命を一週間を切ってしまうと、自力で移動、排泄、食事、着衣・脱衣、入浴を行うことはほとんど出来ません。

さらに終末期特有の症状も悪化してしまいます。

このような時期は、家族の支援が必ず必要になります病気の本人が何も出来ずに困ってしまうのは1〜2週間の間であると思います。

ご家族も、その期間は出来るだけ時間を作れるように予め用意しておいてほしいものです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

余命に関して「もっと読んで心を軽くする」という関連記事欄を下に作りました。さらに下にはカテゴリーも参考にしてください。

 

スポンサーリンク


 

もっと読んで心を軽くする

 

参考文献
緩和医療学会 がん疼痛の薬物療法のガイドライン
苦痛緩和のための鎮静に関するガイドライン
聖隷三方原病院 予後の予測
森田達也(編) 2016 続・エビデンスで解決!緩和医療ケースファイル
大津秀一(著)2015 Dr.大津の世界イチ簡単な緩和医療の本―がん患者を苦痛から救う10ステップ
淀川キリスト教病院(著)2007 緩和ケアマニュアル
Evans C, McCarthy M. Prognostic uncertainty in terminal care: can the Karnofsky index help? Lancet 1985; 1:1204.