食べれなくなったら余命はどれぐらい残されているのか

食べれなくなったら人生終わりということを感覚的に理解している方は多いと思います。

ガンの場合食べれなくなるケースが2つあります

1つはがん悪液質が進行して食欲が低下するケース

もう1つは食事の通り道が詰まったり、誤嚥を生じるようになるケースです。

 

悪液質の進行による場合

がん悪液質(ヤセ)とはガンから異常に放出されるサイトカイン(細胞伝達物質)の影響で、体の消耗と食欲低下を生じる病気です。とくに、身体中の筋肉が減るため、生活に支障を来すようになります。

がん悪液質は末期になればなるほど進行し、ゆっくりと患者さんの体力と体重を奪い、食欲を低下させていきます。

だんだんと食べたいという欲求がへり、食べる量が減っていきます。全身の筋力低下により、食べ物を飲み込む力も弱くなるため、軟らかいものを好むようになります。

どれぐらいから軟らかいものばかり食べるかは、発生したガンの進行速度によります。しかし、おおむね余命一ヶ月を切る頃には、食事量が減り、軟らかい食べ物(お粥)を好む方多くなります。

死ぬ2〜3週間前になると極端に食べれる量が減ります。少し食べるだけで満腹感を感じてしまうのです。食べないと死んでしまうと実感しているから、食べようとしますが、食べれないのです。

この時期は、口がすごく渇くようになり、氷を好みます。

何も食べれなくなったら、1〜2週間の間にお別れが訪れることになるでしょう。

水分は最期の数日まで摂取することができます。




上部消化管の閉塞や嚥下障害

もう1つのケースは全身の筋肉は保たれているのに、喉(のど)や食道や胃が詰まったり、飲み込む能力が失われた場合です。

ガンが大きくなり、食べ物の通り道を塞いでしまうことがあります。

食道癌は食道の筋肉が固くなり、塞いでしまうので、飲み込むことが出来なくなります。胃ガンが大きくなり、詰まってしまうと食べても吐いてしまうようになります。

喉頭がんや咽頭癌、舌ガンなども口から喉にかけての嚥下(飲み込み)に携わる機能が失われるため、誤嚥してしまい食事が出来きません。

喉から胃の上部消化管のどこかが詰まったり、誤嚥を生じることが原因で、食べることが出来なくなる場合があります。

食欲はありますし、腸の栄養吸収能力も保たれているので,鼻からの栄養チューブや胃瘻で直接胃に栄養を入れれば生きてゆくことが出来ます。

このような場合は、食べれなくなったからといって後どれぐらいの余命が残されているかは分かりません。

 

ヤセが進行して食事量が減ってきたら余命は一ヶ月程度でしょう。

全く食べれなくなったら1〜2週間ぐらい、水分摂取が出来なくなったら数日ということが多いようです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

頭と余命に関する記事だけでなく、ガンの終末期に関わる症状については、下にある「もっと読んで心を軽くする」という関連記事欄がございます。カテゴリーも参考にしてください。

 

スポンサーリンク


 

もっと読んで心を軽くする