スピリチュアルな痛みとは?

「スピリチュアル」とは霊的という意味ですが、イメージにくいのではないでしょうか?

痛み(苦痛)は

  • 肉体的な痛み
  • 精神的な痛み
  • 社会的な痛み
  • スピリチアル(霊的)な痛み

の4つに分類すると対応しやすいと考えられています。

 

肉体的な痛みとは指を切った時に感じる痛みです。精神的な痛みとは不安感に代表される苦痛ですよね。社会的な痛みとはお金がなくて困るというような苦痛です。

緩和ケアで言われる、「スピリチアルな痛み」についてもう少し詳しくお伝えしたいと思います。






スピリチュアル(霊的)な痛みってどんな苦痛なのでしょうか?

コトバンクの定義

終末期患者の人生の意味や罪悪感、死への恐れなど死生観に対する悩みに伴う苦痛のこと。「 私の人生は何だったのか」「生きている意味はあるのか」と思い詰めることで、「魂の痛み」とも訳される。

この苦痛はガンになっていなくても感じています。たとえば、仕事やスポーツで自分の役割を期待されているのに、十分成果をあげられず、情けない気持ちになるのがスピリチュアルペインに近いのではないでしょうか?

癌終末期のスピリチアルペインは自分が失われてゆくこと関連する苦痛と言ってよいのではないでしょうか。

ガンになって段々体力が失われ、生きてゆくのが辛くなり、失われるだけの残された人生に生きる意味を見出せないというタイプの苦痛です。

 

自己喪失感に伴う苦痛

ガンが進行し、悪液質がすすむと筋力が低下し、日常生活すら送ることが難しくなってゆきます。

悪液質は体のだるさを引き起こし、意欲が減退させます。

 

家族のために何もしてあげられなくなったとき、本人はどう感じると思いますか?

筋力が低下し、自分でトイレに行けなくなった時どう思うと思いますか?

だるくて何も出来なくなったときどう感じると思いますか?

自分自身の役割が失われ、自分の力でトイレに行けなくなった時の自信の喪失は相当大きなものでしょう。

 

自信がなくなり、自分が生きている意味がないような気持ちになるのは、当然の心の反応ですよね。

スピリチュアルな痛みに対しては、自分が今までしてきた業績を再確認してもらうと苦痛が和らぐとされています。

 

例えば、若い頃してきた仕事の実績の話をしてもらうと、自分自身の歴史を実感できますよね。

自分自身が大切な存在であったし、今もまだその仕事の形跡が残っていれば、なおさら自信を取り戻せます。

また、自分の家族の存在は自分とのつながりを再確認できるので、家族の存在を感じられると、スピリチュアルな痛みを軽減させる効果があるといわれています。

 

スピリチュアルな痛み(辛さ)は身近な苦痛の1つであり、治療可能な苦痛と言われています。

周囲の人であれば、自信を取り戻すためにどんな質問したらよいか、どんな思い出を回想させてあげたらよいかを考えると、スピリチュアルな苦痛の対応ができるのではないでしょうか。

もしご本人でであれば、家族の写真を側に置いたり、趣味や仕事関係のモノを身近に置いて、自分が生きてきた証を実感できると、苦痛軽減が期待できます。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

だるさ・全身倦怠感に関する記事だけでなく、ガンの終末期に関わる症状については、下にある「もっと読んで心を軽くする」という関連記事欄がございますので参考にしてください。

 

スポンサーリンク


もっと読んで心を軽くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください