モルヒネなどのオピオイド開始時の吐き気

モルヒネなどのオピオイドを開始すると気持ち悪くなる場合があります。

お医者さんや薬剤師さんから「モルヒネを飲みだして、しばらくは吐き気がでますよ」と言われていても、想像以上に気持ちが悪くなり薬を続けれない方がいます。

モルヒネなどを開始するとき吐き気止めを同時に処方されますが、それでも気持ちが悪くなってしまう方がいるのです。

吐き気が続く時期は、約一週間です。

モルヒネの内服を開始してから一週間は我慢の時期です。とくにモルヒネ開始してから数日は食事が喉を通らないかもしれません。水しか飲めない時期があり、不安になるかもしれません。

でも大丈夫。一週間、じっと堪えれば、ほとんどの人は吐き気は軽くなるか消失してしまいます。

 

モルヒネが体に慣れるまでの辛抱です

モルヒネやオキシコドンなどのオピオイドの内服薬は大変優れた鎮痛剤ですが、投与初期にみられる副作用が堪えられず途中で止めてしまう方がいるのはとても残念です。

人によってはオピオイド開始して、一週間は何も出来ないぐらい吐き気が強いかもしれません。改善すると信じて堪えましょう。

 

全てのオピオイドには副作用が必ずあります。便秘、吐き気、ふらつき、眠気は多くの人に生じる副作用です。便秘はオピオイドを飲み続ける限り続きます。吐き気や眠気は一週間程度で消失するのが普通です。

 

ちょっと話がそれますが、オピオイド鎮痛薬を飲み始めたとき、幻覚が見えることがあります。幻覚を見てしまった経験が恐ろしく、薬を飲まないという方の話を聞いたことがあります。

幻覚は自分が変わってしまった実感がするため、強い恐怖感を感じてしまいます。

まだ食欲があり、余命が数ヶ月以上ある時は幻覚は数日ぐらいで消失します。オピオイド開始時は、体が慣れるまでいろいろな体の変化が起きる可能性があることは知っておくと、あわてなくてすむかもしれません。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

下に関連記事欄がございます。もくじカテゴリーも参考にしてください。

 

スポンサーリンク


関連記事