まだ頭がしっかりしているけど食べれないときの余命について

余命予測に関しては他の記事にも書かせていただいていますが、状態によっては判断に迷う時があります。

例えば、食事は出来ないけど頭がしっかりしているというような状態です。

 

大まかな余命予測は以下のとおりです。

食事が減ってきたら、余命は一ヶ月ぐらい、全く食べれなくなったら余命は数週間ぐらい、筋力が低下し自分でトイレに行くことができなくなったら余命は数週間ぐらい

急に頼りなくなったり新聞が読めなくなったら余命は3週間程度、わけのわからない発言が多くなったら余命は2週間程度、本来見えないものが見えるようになったら余命は1週間程度でしょう寝てばかりいるようになったり、声をかけないと目を開けなくなったら余命は数日でしょう

喉の癌や食道癌の場合、食べ物を食べる経路が詰まってしまうので、テレビや新聞に興味があるけど、全く食べれないという状況になる場合があります。

余命予測で大切なのは食欲低下により、食事が出来ないかどうかです。

頭が相当しっかりしていても、食欲がなくなって食べることが出来ない場合、余命は数週間と考えるべきだと思っています。食欲がある場合は数週間以上余命が残されていると判断していいでしょう。

余命予測に関して、正確な医学的な根拠を示すことは出来ません。しかし、がんの進行により食欲がなくなってしまったのなら、癌が相当進行しているサインです。

 

「食事が出来るようになったら、自宅に帰りたい」という意志を強く持っている方がいます。「〜したいという」しっかりとした意見を述べられるので、まだまだ長生きしてくれるような印象を受けるかもしれません。

意見をしっかり述べるときでも、周囲に興味があるか(テレビや雑誌に興味があるかなど)や自分の足でトイレに行くことが出来るか、尿は出ているか、チアノーゼはないかなどの判断材料を使い余命を判断してください。

食欲がなくなり食べることが出来ない方は頭がしっかりしていそうでも余命はそれほど長くないと判断し、行動した方が良いとおもっています。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

下に関連記事欄がございます。もくじカテゴリーも参考にしてください。

 

スポンサーリンク


関連記事