末期のシツコイ咳は疲れます。和らげる方法や工夫は?

咳に対する治療にはモルヒネが効果的

息苦しさの治療と同様に、咳の治療にはモルヒネを使うことが多いようです。がんの進行に伴う息苦しさに、モルヒネがよく効ききます。

 

モルヒネは痛みをとる作用で有名ですが、息苦しさをとる効果も強く、緩和ケアではとても良く使われる薬です。

 

モルヒネには息苦しさを改善するだけでなく、優秀な咳止めとしても効果があります。

 

息苦しさの症状を持っている人がモルヒネを投与されると息苦しい感じが劇的に改善します。咳に苦しんでいた患者に投与すると、咳が減り、楽に過ごすことが出来るようになります。

 

完全に咳を止めることは出来ませんが、体力の消耗を減らすことは出来るようです。意識がしっかりしている状態での「咳の苦しさ」は相当辛いものです。

 

いつまでも続くような咳は、息苦しさを助長し生命の危機を感じ、恐怖感を生じます。個人の心の平穏が恐怖により蝕まれると人格は崩壊し、悲惨な状態になります。

 

そういう状態にはなりたくないし、なってほしくないと思います。

 

適切な表現か分かりませんが、銃口を向けられたまま恐怖に震えながら生きてゆくことにちかいかもしれません。

 

終末期に適切な治療を受けて、息苦しさや咳を減らし、穏やかに過ごすことは最期まで人として生きてゆくためにすごく大切なことだと、わたしは考えています。

 

安定剤なども不安を軽減する作用があり、息苦しさを軽減する作用があります。咳を止める作用はありませんが、不安を減らすことで息苦しい感じを減らせます。






完全に咳を止めることは難しい

モルヒネを適切に使えば、ある程度の咳を減らすことができます。

 

死に差し迫るほどに肺の機能が低下する場合や筋力が極度に低下したときは、医療の力では何ともならないこともたくさんあります。

 

咳が止まらない家族を見るのは大変辛いことです。

 

しかし、少しでも咳を減らし穏やかな時間を増やすことが出来たら素晴らしいと思いませんか。

 

治療の効果にも限界があり、病気が進行すれば、咳をするたびに背中をさすり息苦しさを紛らわすことしか出来ない時期が来ます。

 

ガン末期の咳は日替わりで症状の強さが変わってきます。

 

辛い咳がいつまでも続くわけではありませんので、咳がおさまるのを見守ってあげてください。

 

最終的には患者のそばにいるだけしか出来ない時期がきます。そのときにそばにいてあげてほしいのです。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

がん末期の咳に関する記事だけでなく、ガンの終末期に関わる症状については、下にある「もっと読んで心を軽くする」という関連記事欄がございますので参考にしてください。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください