臨終に近づくと聞かれるコロコロという不思議な呼吸音。死前ゼイメイをご存知ですか?

死前喘鳴をご存知でしょうか?

死が差し迫ってくると息をするたびにのどの奥でコロコロと音がするようになります。

のどの奥から発せられるコロコロとかゴロゴロいう音は死前喘鳴と呼ばれています。

 

死前喘鳴を英語にするとDeath Rattle.直訳すると”死のガチャガチャ音”です。

その名が示す通り、この音がするようになると48時間のうちにお別れが来ることが多いといわれています。

 

死前喘鳴は意識がボンヤリしてきた時期に寝ているときに生じることが多いです。

しっかり目が覚めているころからゴロゴロという音がする場合もあります。

 

不思議なことにゴロゴロ音がするから苦しいというものではないようです。

音は気になるけど、苦しくはないそうです。

 

今までに家族の臨終に立ち会ってきた方であれば聞いたことがある呼吸の音かもしれませんが、初めてこの音を聞くと、音が大きく、苦しそうな音であり困惑すると思います。

 

呼吸の音が大きければ大きいほど苦しそうだと感じるし、聞いたことがない音であればなおさら苦しそうに感じますよね。

 

この死前喘鳴は苦しくないのです

 

家族から苦しそうな音を出しているから、痰を吸引してほしいかもしれませんが、多くの場合、気管内を吸引しても音は小さくなりません。

 

吸引しても痰がない場合がほとんどなのです。

本人が苦しい表情をしていないのであれば、のどの奥にチューブを突っ込んで、痰を吸引することは苦痛が増すかもしれません。

コロコロ音がするからといって、痰を吸引すると返って苦痛が増すことになります。

 






死前喘鳴の原因

ガンが進行すると全身の筋力が衰えるために自力で痰を出すことが難しくなります。

ものを飲み込む力も全身の筋力の衰えとともに弱くなり、口の中の唾液を飲み込むことができなくなってゆきます。

また体中がむくむくになり気道の粘膜も浮腫み、気道に分泌される液を排泄できなくなります。

いろいろな原因でゴロゴロ音がするようになるわけです。いびきの音とは音の出方が違います。

 

ゴロゴロ音は生命を維持する力を失いつつあるという兆候であり、お別れが非常に近い時期に来ているというサインです。

 

ただしこのゴロゴロ音には偽者もあるので注意が必要です。

肺ガンのように痰が出やすい病気やガン患者が肺炎を引き起こした場合、筋力の低下や嚥下能力の低下によりゴロゴロ音がすることもあります。

 

先にも述べました通り、コロコロした音がするようになるころには眠って過ごすことが多くなっていることでしょう。

呼びかけないと目を開けないようになり、体を揺すらないと目を開けないような状態であることが多いです。

 

呼吸が弱くなり、息を吐く力が弱くなると、二酸化炭素が体にたまります。たまりすぎた二酸化炭素は麻酔効果があり意識を薄れさせます。

死が近づき、呼吸機能が低下すると、二酸化炭素が体に貯まり、死ぬ前に苦しくならないよう、意識を失うように体ができているのです。

 

呼吸が弱くなり、息を吸う力が弱くなると、酸素の取り込みが悪くなります。酸素が足らなければ、脳の機能は低下してゆき、最後には心臓が停止していまいます。

 

息が苦しいのに意識がしっかりしているのであれば、酸素やモルヒネなどの薬剤を使い、咳を減らし、呼吸の苦しさを軽減させることで、息苦しさを減らすことが出来ます。

 

最期の時を苦しい、苦しいといって迎えることは滅多にないことです。

臨終が近くなってきたときに現れる、死前喘鳴について説明させていただきました。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

死前喘鳴に関する記事だけでなく、ガンの終末期に関わる症状については、下にある「もっと読んで心を軽くする」という関連記事欄がございますので参考にしてください。

 

スポンサーリンク




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください