食べたいけど食べれない!ガン末期の食欲低下の治療法って?

食欲低下の解決方法はあるのだろうか?

食欲低下の原因は悪液質にあります。

悪液質はガンが進行すれば悪化し、食欲低下が現れる時期には相当進行しているはずです。

ガンの痩せをコントロールできないのと同様に、食欲低下もコントロールすることは難しいとされているようです。

 

ステロイドを飲むと劇的に食欲が改善することがありますが、長くは続きません。

ステロイド(メチルプレドニゾロン等)の効果は一時的で、食欲はまた低下してしまいます。

ステロイドを長く飲むと、感染しやすくなったり、消化管出血を起こしたりするので適切な時期に飲む必要がありそうです。

 

どんなガンであっても最終的には食べることができなくなります。胃腸のガンでなくても食欲が低下し、食べられなくなります。

食べないと体力が落ちるのではなく体力が落ちているから食べられないのです。

食欲がないのに無理に食べることで体力がつくことはありませんし、苦痛が増える一方です。

 

たくさん食べることが出来なくなっているので、食べたい量だけを食べればよいというスタンスが重要になってきます。






まず食べれるものを探しましょう

多くのガン患者は味覚が変化してくるようです。

以前好きだったものがおいしく感じなくなったりそんなに好きでなかったものをおいしく感じたと聞いたことがります。

塩気が強く、あっさりした、脂っこくないものを好む傾向になる場合が多いようです。梅干しとか味付け海苔のようなおかゆのおかずになるものは良いですね。

飲み込む力が衰えてきますので、ゼリーやプリンなど喉越しがいいものを好む様になるでしょう。

 

冷たいものはのど越しがいいようです。かち割り氷やアイスクリームを好む方は多いようです。

何が食べれるかはいろいろ試して意味ないと分かりませんのでいろいろ試してみてください。

本人の気持ちを忖度(そんたく)する

食事ができなくなるととても辛い気持ちになると思いませんか?

食べることが出来なくなった家族を看るのは辛いことですが、本人はもっと辛いのです。

 

「食べなきゃ体力が落ちちゃうから」

といって、家族が、病人に無理やり食事を食べさせているというケースがあります。

 

当然家族はよかれと思って食べさせようとしているのですが、「無理に食べることは体の辛さが増悪するだけではないだろうか?」という疑問を持ってほしいのです。

 

食べさせることではなく、食べられないときにそばにいるという家族の支えこそが終末期に必要なのです。

 

食べれなくなってきていることを周囲の家族が理解し、支えてあげることがどんな薬より効果があります

自分が今までできていたことができなくなる辛さをスピリチアルペインといいます。この辛さに対して、薬の効果は期待できません。

 

自分が出来たことが出来なくなったという喪失感を補うには、自分と周囲のつながりを再確認することが重要であるといわれています。

参考:終末期がん患者のスピリチュアルペインとそのケア

簡単に言えば、何かできなくなってきたときに家族に傍にいてもらうと安心し、こころが休まるという具合です。

想像してみてください。あなたがガンであるならいつかは食べれなくなるでしょう

 

そういうときに家族が傍にいると自分の存在価値を確認できると思いませんか?

孫が見舞いに来てくれたら、自分とのつながりを再確認し、自分には存在価値があったと
不安が軽減すると思いませんか?

 

家族の方が患者の辛い気持ちを忖度し、ガンを患い何も出来なくなってきている本人に寄り添い過ごしていただければ、本人の苦痛も幾分和らぐのではないかと信じています。

食べれなくなった時、患者にとって何が適切な対応か、についてご理解いただけたと思います。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

悪液質に関する記事だけでなく、ガンの終末期に関わる症状については、下にある「もっと読んで心を軽くする」という関連記事欄がございますので参考にしてください。

 

スポンサーリンク


もっと読んで心を軽くする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください