家族を看取るという辛さと向き合うために準備しておく3つのこと

家族も病んでいる人と同じように苦痛を味わってきています。

そろそろお別れが近くなってきたとき、多くの方は、これからどのように病んでいる人がお亡くなりになってゆくか分からず不安になっています。

 

病んでいる人が意識がある間は話も出来ますが、だんだん眠っている時間が増えてくると何をしてよいやら分からず不安が増えてくるでしょう。

ここの記事では、家族を看取るつらさに備えるための3つの心の準備について書かせていただきました。

 





 

第一は、急変に備え心の準備をしておくことだと思います。

がん患者の多くは穏やかに臨終を迎えるのですが、1割ぐらいの方は急変によりお亡くなりになります。

急変することを心に留めておくことは、深い悲しみを受け止めるために大切なことだと思います。

食事が出来ない、頼りなくなった等の症状が見られるようになったら、一日、一日が特別な日であるように過ごす気持ちが大切になります。

 

二番目は病んでいる人の状態を把握し、これからどのようなことが予測されるのかを知っておくことだと思います。

このサイトには簡単にできる余命予測の記事があります。この記事参考にすれば、今どれぐらいの時期なのか、余命はどれぐらい残されているのかを予測することができます。

 

自分の予測を確実にするために、看護師や医者に確認しましょう。家族として悔いが残らない看取りをしなくてはなりません。

「あの時、もっと近くにいて、世話をしてあげればよかった」というような後悔は、深い悲しみから立ち直るのに時間がかかることになりかねません。

 

病気の本人は、お別れが近づくにつれて「つらさ」が徐々に減ってゆきます。終末期の症状についての理解を深めておくと、ジタバタせずに、静かに最期を迎えることが出来ると思います。

そのために、このサイトの余命予測、終末期の症状についての情報を確認しておくことはとても有意義です。

 

三番目は家族全員で情報を共有することです。

病んでいる本人だけでなく、周りにいる家族全員がつらい思いをしていると思います。

病んでいる本人の状況を家族みんなで分かち合い、悩みも分かち合うことでお互いのつらさを共有することで少し気持ちが楽になると思います。

 

家族全員が同じ時間を作ることは難しいかもしれませんが、出来るだけ多くの人が医者の説明を同時に受けることで、情報の混乱が少なくなり、要らぬ心配や不安が減るかと思います。

 

遠方にいたりすると、直接医者の説明を受けられず、間接的な説明を受けることになります。

間接的な説明は部分的かつ説明を受けた人の主観的な要素があります。家族からの説明では、イマイチ理解できず、不安や不満が生じかねません。

本人がお亡くなりになった後につまらない気持ちになったり、遺恨を残さないようにしましょう。

状況や方針を共有し、家族みんなで悩みを分かち合うことでお別れのつらさが軽減します。

末期ガン患者にとっても、家族にとっても、死は避けられないものです。皆で間もなく別れゆく方の人生を見直したり、人生の意味について深く考えると、個人を失う辛さを皆で共有できます。

最後の時間に、個人の思い出話をしたり、情報を共有することはとても意味があることだと思っています。

家族との永遠の別れが近くなってきていることを受け入れられず、どうしてよいか悩まれる方もいるでしょう。

出来るだけ時間を作り、出来る限りのことを患者にして、出来る限り時間を共有することでしか、悲しみを払拭する方法はないのかもしれません。

 

ここまで読んでいただきありがとうございます。

深い悲しみに備えるための記事だけでなく、ガンの終末期に関わる症状については、下にある「もっと読んで心を軽くする」という関連記事欄がございますので参考にしてください。

 

スポンサーリンク