衰えを支えつつ、急変を覚悟しておく

老いて死ぬか、病みて死ぬか




ガンの死に方をイメージできますか?

ガンという病気でどのように死んでゆくのかイメージしてみてください。

多くの方は死ぬまでの過程をイメージができません。みたことがないから当たり前かもしれません。

老衰をイメージしてみてください。年齢とともに体が衰え、筋肉が減り、ほっそりし、だんだん動けなくなり、縁側でお茶を飲んでいるとき、ゆっくり命の炎が消えてゆく。そんなイメージではないでしょうか?

ガンも概ね同じような死に方をします。ただ、衰えの速度は速く、臨終に向かい加速度的に衰えが進行するイメージです。最期の一ヶ月は日に日に衰えの速度が速くなります。

昨日までできたことが今日はできない。そんな感じで衰えます。衰えて死にます。

ガンによる死に方をイメージができるようになることが、終末期を過ごす方、家族にはとても重要な知識です。

スポンサーリンク



 

衰えて死ぬケースがほとんどですが、時に急変がある

ガンによる体の衰えは進行性であり、「あとどれぐらい生きられるのか」をある程度予測することができます。

ガンと宣告され、死を意識するようになったとしても、急に死ぬわけではありません。

末期であっても出血や腸穿孔、痰づまり、肺炎などの大きなイベントが生じなければ、悪液質の進行とともに生命の終焉を迎えるでしょう。

他の記事でも述べましたが、ガンに侵されている限り突然の出血や予測不能な事態が生じる可能性はあります。

数か月以上余命はあると判断していた人が、突然の消化管からの出血で急死する可能性があります。

辛いことですが、終末期に適切な医療を受け、穏やかに過ごしてていたとしても、余命予測から外れ、穏やかな最期にならないこともあります。

 

ガンによる死は穏やかであるといわれます。しかし、突然の別れになってしまうことはあまり知られていません。

周囲の人間は、「日に日に衰えてゆく患者の支えとなること」と「突然の別れが来るかもしれない覚悟」をして、残された大切な時間を過ごすべきだろうと思います。




日に日に衰える患者の支えとなる

筋力が衰えるため、トイレや食事など簡単な日常生活にも支障が出てきます。

ガン悪液質による筋肉の衰えは予防できないし、治療も難しいとされています。

薬物療法、栄養療法などが考えられていますが、現段階では筋肉の衰えを治療するより、弱まってゆく筋力に適応する方法を考える方が現実的です。

悪液質による衰えは相当速く、筋力強化のリハビリや栄養療法、薬物療法による効果が出るまでの余裕はありません。

筋肉トレーニングの効果は何ヶ月も行って結果が出てきます。コツコツ貯めた筋肉を悪液質は根こそぎ持っていく盗賊のようなものです。

悪液質の進行の速度にトレーニングの成長速度がは追いつかないのです。

ではどうするか?

できなくなったことを周囲の人(家族、医療関係者)で補うか、工夫するか、あきらめるかの3択です。

自分の足で長い距離を移動できなくなったら、家族に移動を手伝ってもらうか、車いすや杖を使うか、移動を必要最小限に抑えるかってことになりますよね。

家族ができることは、患者の体と心の支えになることだと思います。

衰えてゆくことから目を背けず、見守る覚悟が必要となります。

 

突然の別れになることに備える

私自身も、ガン患者たちと会うときは「次、会えるとは限らないので、今日が大切な日になるようにしよう」といつも心にとめています。

病気が進むにつれ、だんだん話をする時間が減ってくると、家族としてもお別れが近づいているという覚悟をするようになります。

まだまだ元気なガン患者の場合、イライラや不安を家族にぶつけてくるため嫌な気分になることも少なくないでしょう。

特に一緒に暮らしている家族の場合、距離感が近く患者自身が言いたいことを言うため、家族の精神的な負担が大きくなりがちです。

ガン患者の不安な気持ちを聴くだけで、家族が鬱鬱とした気持ちになることもあるでしょう。

衰えてからお別れを覚悟するだけでなく、ガンはいつ急逝してもおかしくないということを毎日心の片隅において、大切な時間を過ごしてください。

心の準備なく突然家族が失われると、喪失感による深い悲しみから立ち直るために時間がかかってしまいます。

そのためにも、今日が大切な日になるように過ごしてほしいと思うのです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

スポンサーリンク


 

ガンで死ぬ原因に関する記事

この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

死生観、終末期、緩和ケアの研究してます。死の過程の知識を深め、家族の力をアップし、医師とコミュニケーションを取り、医療サイドと家族サイドの見解を一致させることが終末期を穏やかに過ごす要素だと信じております。