葬儀の準備や予習をしておくと心穏やかに看取りができる




余命の予測ができるようになると、家族が患者本人とかけがえのない時間を有意義に過ごすことができます。

別れの準備をしておくことが重要であることに異論はないと思います。

残された時間中で、しっかりお別れをするための準備や予習をしておくことは、残された家族にとって責任ある考え方でしょう。

まだ病気と戦っている本人が生きているのに、葬儀の準備をするなんて縁起でもないと考えているかたもいるでしょう。

しかし、葬儀は患者本人にゆかりのあった人たちにとって、重要な別れの場であり、どれぐらい人を呼ぶべきかなど、十分な準備をしておくべきです。

いざお別れのときが来てから準備をしては、疎かになったり、葬儀業者の言いなりになってしまい、満足の行くお別れにならないかもしれません。

大切な人を亡くすという深い悲しみが癒えるまでには長い時間が必要です。大きな悲しみであっても、いつか大切な人を上手に思い出せる時が訪れます。悲しみを癒すには時間をかけるほかありません。

短時間で癒えることはありませんが、悲しみが必要以上に長く続かないようにするための太古からの知恵がお別れの儀式・葬儀なのです。

葬儀は、関係のあった人たちと一緒に、亡くなった人を惜しみ、悲しみ、慰め合うことで、残された者たちの悲しみを癒やすことになります。

なぜ亡くなる前に葬儀について考えておくか

どんなに忙しい最中でも医師であれば死亡確認のときと病院から患者のご遺体を搬送するときにはできる限り時間をかけ深々と頭を下げ丁寧な礼をします。

丁寧に最後まで、しっかりとお別れをすることで患者の家族の悲しみが少し和らぐことを医者は知っています。

大切な家族を失ったとき、お医者さんや看護師があっさりとした対応をされたら、患者を真摯に診てくれていなかったのかと疑惑の念が生じ、悲しみが深くなると思いませんか?

 

深い悲しみから立ち直るきっかけのためにも、しっかりとした別れを行う必要があります。

いろんな人にお世話になってきたのに、お別れの場の規模を小さくし、葬儀を簡便に行いすぎると、寂しい気持ちになり、悲しみから立ち直るという点で一抹の不安が残るでしょう。

逆に大きな葬儀を行いすぎると、残された家族に負担がかかりすぎてしまいます。

適切な規模の葬儀を行いたいところです。

適切な葬儀がどれぐらいかは、時間があり、冷静な時に考えておく必要があります。

 

適切な葬儀について予習すれば、不安が減ります

葬儀の用意をなにもせずに臨終を迎えたとしたら大変なときにバタバタすると思いませんか?

大切な家族がこの世から去ってしまうことを家族達は承知していると思いますが、実際、亡くなったときの家族の悲しみは大変深く、とても冷静ではいられない状態でしょう。

決して冷静な判断はできません。

非日常的な精神状態で葬儀のことをイチから勉強するのは無理でしょう。

希望通りの適切な別れの場を選択することは難しいと思いませんか?

 

お亡くなりなってからタウンページを開くのですか?

予習と準備は賢明な行動です。こころの準備もできることでしょう。

 

縁起が悪いといって、葬式の事を先延ばしにしていませんか?お別れのときは突然やってくるかもしれません?

余命が一週間を切る前に葬儀についてしっかり用意しておくことは看取る者のつとめです。

 

この記事を見ていただいた方の多くがあらかじめ大切な人が亡くなった時を考え、勉強しはじめてくれています。

 

葬儀は末期がん患者を抱える家族にとって避けられない重大事です

死亡診断書は役所にいつまでに届ければいいのか?

葬儀はいくら費用がかかるのか?

どのように人を呼べばいいのか?

お坊さんに渡す金額は?

お布施、戒名って??

葬式が終わってからの財産整理などなど

多くの方が、知らないことばかりだと思います

 

実際家族身近が家族がなくなることは人生何度もあることではありません。だれもがよく分からず、不安になります。

お亡くなりになってから葬儀業者を手配すると

死亡→葬儀業者に依頼→葬儀業者と打合・段取り→お通夜・告別式

という手順をとります。

お亡くなりになってから葬儀の準備をすると今まで感じたことのない喪失感と深い悲しみの中で葬儀業者と打合をしなくてはなりません。

 

これは肉体的にも精神的にも辛いことであり、家族にとって更なる試練になるでしょう。

あなたが冷静な判断ができるうちに正しく葬儀について勉強した方がいいです。

 

大切な人がお亡くなりになってからの手順を、しっかり準備しておくことで得られるものは、安心感です。決して不吉な行為ではありません。

死ぬことを期待してるようで忌み嫌う方もいますが、私自身は決してそのようなことは思いません。

いざというときになって、慌てて葬式のことを考えても、冷静な判断は難しいですよね。

日常では感じたことのない喪失感と悲しみの中で葬儀や死後の手続きをしなくてはなりません

大切な人との別れの後、どのような手順が必要なのか知識を頭に入れておきたいですよね

とくに末期ガンの場合時間がなく、どの書籍を読んでいいかわからないという方が多いのではないでしょうか。

あなたの家族が末期がん患者の場合看病や日常生活に追われ、時間がないのではないでしょうか?

 

分りやすく、実践的な簡単なマニュアルを今のうちに読んでおく

お亡くなりになってからのスケジュールがイラストとともに、説明してあります。

亡くなってからするべき手続きは煩雑ですが、時系列でまとめてあるので手元においておくと安心できます。

葬儀の作法の入門書としても最適です。詳しいことまでは書いてありませんが、やらなくてはならないことが記載されていいますので一読しておきたいところです。

また、相続手続きに関しても触れています。

相続の手続きはお亡くなりになってからすることと、生前にしておくべきことがあります。銀行口座や保険など頭がしっかりしているうちに確認しておくべき事についても触れています。

相続関係に不安がある方も一読しておくと良いかもしれません。

この書籍で予習し、生前準備をしておけば、葬儀や相続のトラブルを避けられます。

 

いつか家族を失うかもしれないと思っているのに、亡くなってからの、正しい手続きのことを知らない方もいるのではないでしょうか?

何も知らないまま、葬儀業者の言うなりになってしまうと葬儀が終わってから必要以上の費用を払うことになるかもしれません。

弔問客(ちょうもんきゃく)への挨拶が不十分だったかも?など後悔することもあるようです。

お亡くなりになると日常から考えられないような非現実的な費用がかかります。

葬儀の適正な費用や正しい葬式を知らないと冷静な判断のできない状態のときは、業者の言いなりになってしまいます。

ご親族や、知り合いの葬儀に出席したとき、不要に感じた物、飾りなどがあった記憶はありませんか。

後から不要だったとか、足らなかったと後悔すると悲しみが長く続いてしまいます。

残された時間を有意義に過ごすためにも、遺恨を残さないように、お亡くなりなって一ヶ月の間、どのような手順で事が進んでゆくのか、自分がどのような役割を果たすべきかを予習しておくことも家族の責任ではないでしょうか?

後悔のないお別れをしたいならあらかじめの予習は必要でしょう。予習しておくと余分な心配を削減できます

 

適切な葬儀費用を調べておく

葬儀は多種多様化しており、費用は10万円台から300万円以上と大きな幅があります。

一般的な相場がどのようなものか分らないと、どの程度の規模の葬儀が自分たちにとって適切なのか判断がつきません。

検索である程度の費用は調べることができます。

葬儀は非日常的な高額なオプションが多く、正確な費用は見積もりを取らないと分からない場合もあります。

どれぐらい費用がかかるのか、気にならない人はいませんよね。あらかじめ葬儀費用の見積もりを取っておくと安心です。

お葬式は、日々の生活とは異なり、直面した方々にとっては分からないことだらけであり、引き継ぐべきルールやしきたりがある一方、時代と共に変化する家族のカタチや
それに伴ったニーズがあり、混乱します。

そうした中で「やるべきこと」「できること」「したほうがいいこと」「してはいけないこと」、そして「間違った買い物になっていないか」確認するには比較しておくしかありません。

いざ本番になって比較できるでしょうか?予め準備しておくしかありません。

下の見積もりは、簡単に入力できますし、葬儀の専門家が代わりに見積もりを取り寄せるので見積もりの高い葬儀社を断るストレスがありません

また複数の見積もりを取り寄せることが出来るので費用のトラブルを防止することが出来ます。

お亡くなりになった後、葬儀屋と打合をすると冷静な判断ができず、思わぬ請求がきてしまうというトラブルが生じかねません。悲しみにくれているときに費用のトラブルは避けたいですよね。

詳しい見積もり方法を第三者機関で調べておくと良いと思います。

今までお世話になった方の数や社会的地位、年齢などで、適切な葬儀規模は変わってきます。

もし終活中であれば、頭がしっかりしている余命一ヶ月前までに、どれぐらいの規模の葬儀を行いたいか、どのような葬儀を行うのかプランニングしてもらうのは、家族にとっても落ち着いたお別れをするための前向きな考え方だとおもいます。

家族だけでしめやかにお見送りをしたいという家族も増えています。わたしも自分の葬式の事を想像してみると、ほんとうに来て欲しい人はごく身近な人達です。

わたし自身の考えとしては葬儀は近しい人で済ませてほしいですね。

自分の葬式のことを考えるというプロセスは正しく現状を理解できます。

小さい葬儀のほうが自分に向いていると感じているけど、周囲の目が気になるという人も少なくありません。自分で自分の最後を考えておくと、家族が心置きなく小さい葬儀を選ぶことができますよね。

小さい葬式のお別れの後の手順、かかる費用について予習しておくと心構えが生まれます。「身近な人だけのちいさな葬儀」で資料だけでも目を通しておくと安心できます。

お別れの時は、動揺し、平常心ではいられません。どうしてもジタバタしますが、予習しておくと、心構えできます。

お別れした後に、要らぬ心配で大変な思いをしないようにしたいですね。

穏やかに最期を看取るためには、準備し、憂いを減らしておきましょう。