がん悪液質の日常生活への支障はいつから生じ始めるのか

悪液質の最期の一ヶ月




衰えが日常生活に支障が出るのは最後の一ヶ月

ガンになりだんだんと筋力が弱くなることにより生じる不具合を、詳細に説明するお医者さんは少ないのではないでしょうか。

ガンの進行とともに体力が衰えてゆくことを、予め理解しておくために、このサイトの存在意義があります。

ガンのタイプによって痩せてゆくスピードは異なります。特に膵ガン、胃ガン、肺ガンは体重減少するスピードが速いです。

ガンが大きくなる速度が速く、強い炎症を引き起こし続けるからです。

膵、胃、肺のガンは発見の原因が痩せであることも多いです。肺ガンでも色々なタイプのガン細胞があるので一概に進行が早いといいきれませんが。多くの肺ガンは進行が早いと言われています。

 

膵、胃、肺ガンに対し、大腸ガンや乳ガンや前立腺ガンでは体重減少はゆっくりです。

それでも、末期ガンになり、余命一ヶ月という段階ではほとんどのガン患者は異常に痩せています。

痩せる傾向はとどまることはなく、死ぬまで痩せ続けます。痩せる速度は臨終に近づくほど速くなる印象があります。

スポンサーリンク



 

余命一ヶ月ぐらいまでは自立した生活ができる方が多い

最期の数ヶ月から急激に体力が落ちたような感じを受けるようになり,最期の一ヶ月はいろいろなことが出来なくなります。まるで赤ん坊のように、誰かに力を借りないと生きてゆけません。

一般的にガンと宣告されてから死ぬまでの期間の7〜8割は普通に生活ができます。

ガンは悪液質の進行により、命を落としますが、最期の一ヶ月までは体力の低下は感じますが、工夫次第で自分らしく過ごせます。

 

最期の一ヶ月の筋力低下は実際どれぐらい速いのか?

最期の一ヶ月間は病気の本人と家族ともに筋力低下と向き合わざるを得ません。

筋力の低下は日常生活の活動を低下させるだけではなく、こころの苦痛やからだの苦痛も増悪させます。

 

筋肉の衰える速度は臨終に近づくほどスピードアップします。

最期の一ヶ月に入ると昨日まで普通に飲んでいた水を飲むだけでむせるようになります。

その数日後には水の入ったコップを持つ力が弱まりコップを落としてしまうかもしれません。

また数日後には、コップを持ち上げられなくなり、コップを口に運べなくなります。

さらに数日後には口に水を含むことができず、水が口の横から漏れるようになります。

また数日後にはは飲む力がなくなるぐらい速い速度で出来ないことが増えてゆきます。

一日一日、出来ない動作が増えていきます。

信じられないぐらいの速度かもしれませんが。日単位で衰えが進みます。




筋力低下による自信を失うことの辛さ

水をこぼしたり、食べ物を口に運ぼうとしてこぼしてしまうなどの粗相も増えれば、自分自身に自信がなくなってしまうものです。

自分という存在が失われてゆくことを如実(にょじつ)に感じるようになり、不安が増悪します。スピリチアルペインといわれる苦痛です。

急にいろいろなことが出来なくなってゆくことに、自分の心がついてゆけず、自信が喪失します。

急激な変化により、迫りくる死に対し脅え精神的な苦痛が増えます。老いによる衰えのように年単位の衰え方であれば心がついていきますが、ガンの場合週単位、日単位でできないことが増えるため、心の負担になります。

 

自分の力で移動ができなくなくなります。一ヶ月前までは、自力で移動できたのに、動けなくなってしまった自身の存在に失望してしまうのは無理もありません。

 

予め予測し、準備するのが悪液質対策として1番重要

筋力が衰えると長い距離を歩くのが辛くなり、階段を上がれなくなります。二階に寝室あると上り下りが本当に辛くなります。つまり、寝室は1階の部屋に移しておけば、自分らしく生活できますよね。

さらに筋力が落ちると車椅子で移動するようになるでしょう。車いすなどの移動補助の道具を揃えておけば、移動が可能ですよね。車いすを用意していないと、自分で移動できません。

さらに筋力が落ちると家の中の移動が難しくなり、手すりや杖がないとトイレまで移動できなくなります。手すりを予め準備しておけば、自分で移動できますよね。

 

さらに進むと他人の力を借りないとトイレに行くことすらできなくなります。自力では便座に座ったり、立ち上がることもできなくなり、移動だけでなく用を足すことも自分の力では出来なくなります。ベッドサイドにトイレを用意しておけば、体力を消耗してトイレに行く必要はありません。近くにトイレを用意しておけば、オシッコを失敗するという残念な経験をしなくて済みます。

 

大変辛いことですが、いつかは排泄をオムツ内にしなくてはならなくなってしまいます。

ウンチは寝たままでするしかないし、おしっこもオムツに出すしかありません。さらに筋力が低下すれば、ウンチやオシッコを我慢することすらできなくなります。

それでも、出来る限り自分でトイレに行きたいと思うのが人情です。簡単な準備をしておくだけで、限界まで自分でトイレに行けます。

悪液質の予防サプリメントなどありますが、ほとんど効果はありません。奇蹟的に効果があった人もいるかもしれませんが、サプリメントだけに頼る方法は、現実的な対策としては不適当です。

現実的に、悪液質による体の衰えは防ぎようがありません。

 

最期の一ヶ月に生じる筋力低下が引き起こす状態を予測してほしい

身近な人が何をしたら、癌患者の苦痛が減らせるか考え、工夫してゆくことのみに最後の一ヶ月間を穏やかに過ごす答えがあるように思います。

ここまで読んでいただきありがとうございます。

スポンサーリンク


悪液質関連の記事

 

参考文献
森田達也(編) 2016 続・エビデンスで解決!緩和医療ケースファイル
大津秀一(著)2015 Dr.大津の世界イチ簡単な緩和医療の本―がん患者を苦痛から救う10ステップ
淀川キリスト教病院(著)2007 緩和ケアマニュアル
日本医師会 緩和ケアガイドブック http://dl.med.or.jp/dl-med/etc/cancer/cancer_care_kaitei.pdf
緩和ケアネット http://www.kanwacare.net
この記事をシェアする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

ABOUTこの記事をかいた人

死生観、終末期、緩和ケアの研究してます。死の過程の知識を深め、家族の力をアップし、医師とコミュニケーションを取り、医療サイドと家族サイドの見解を一致させることが終末期を穏やかに過ごす要素だと信じております。