体重減少と余命

がんになると体重が減ることはよく知られています。体重減少を起こしているという時点である程度ガンが進行しています。

体重が減ってきたので病院に行ったらがんが見つかったという話を聞いたことがあるかもしれません。

体重が減ってきている時点で余命はどれぐらいあるのでしょうか?

ガンの種類によって進行速度が違いますので体重減少だけで余命を予測することは難しいのですが、特別なダイエットもしないのに六ヶ月間で5%の体重減少があり、BMIが20を切るような場合は悪液質と呼ばれる状態になっています。

以前お会いした時よりもずいぶん痩せた印象を受けた場合は余命は半年以内かもしれません。

数ヶ月で5kgぐらい痩せるようなガンは、肺がんや膵臓癌のような進行の早いがんである可能性が高く、残された時間は数ヶ月ぐらいと想定しても大きな間違いはないでしょう。

 

体重が減少は筋力や脂肪が減ってしまった結果です。他の記事でも記載していますが、生命活動に必要な筋肉の減少は命に関わる問題となります。呼吸するための筋力が減ってしまえば、日常生活に要な量の空気をを取り込むことが出来なくなれば疲労感や息切れが酷くなりますよね。

 

痩せてきたら余命が少なくなっている現実を直視

痩せてきたことから目を背け生活すると辛い思いが増えてしまいます。病気が進行し痩せがすすむことは避けることが出来ません。

逆を言えば、痩せてしまうことは十分予測できることです。あらかじめ心の準備をしておけば、あたふたせず穏やかなきもちで過ごすことは可能です。

おだやかな終末期を過ごすには、痩せて行く現実を直視し、素直に誰かの力を借り、一日一日を大切にすることです。

 

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。

下に関連記事欄RECOMMEND(よく読まれている記事)がございます。もくじカテゴリーも利用してください。

 

スポンサーリンク