家族葬のほうがいい




家族の方が故人と丁寧に、しっかりとお別れするには
家族葬のほうが優れている思っています。

一般葬の場合、弔問客の接待など様々な雑用で時間がとられ、
肝心の家族が故人との別れをしっかりとできません。

立派な葬儀は
家族に時間と精神的な負担がかかります。

もし立派な一般葬を行った場合、
遺族たちは弔問客の接待や準備で
多くの時間を割かれるはずです。

想像に難しくありませんが
大きな葬儀ほど遺族は大変です。

 

もしあなたが去りゆく人であれば、
家族がしっかりお別れをするために
家族だけの葬儀を用意しておくことは、
責任ある行動だと思います。

もし、生前の業績が大きい人
いろいろな人に関わってきた人
地域のために活躍した人が死去した場合、
田舎の場合など
何も言わなければ、
基本的に葬儀の規模は大きいものになります。

生前より葬儀について遺言しておかないと
自分が思っているよりも
立派な葬儀になりがちです。

なぜ家族葬がいいのか?

葬儀は患者本人にゆかりのあった人たちにとって
重要な儀式です。

近い家族にとって、
大切な人を亡くしたという
深い悲しみを癒やすためには
長い時間が必要になります。

特に、お別れしてしばらくの間は
深い悲しみのため
思い出すことすらつらい気持ちになります。

大きな悲しみであっても
いつか大切な人を
上手に思い出せる時がきます。

そのためには、
しっかりとしたお別れをして、
きちんとケジメをつけておく必要があります。

葬儀の段取りで、
バタバタしてしまい、
あっという間に葬儀が終わっていたというような状態で
ちゃんとしたお別れが出来るとは思えません。

できるだけ早く悲しみから立ち直るためにも
適切なお別れの場を選んでおくといいでしょう。

 

冷静なうちに親族だけの葬儀を準備しておく

葬儀の用意をなにもせずに臨終を迎えたとしたら
大変なときに
バタバタすると思いませんか?

予め弔問客を制限するつもりで葬儀の準備しておかないと
弔問客が多く訪れる一般葬になります。

葬儀屋さんも、
葬儀が大きれれば大きいほど収益が増えますので、
基本的に一般葬を提案してきます。

大切な家族がこの世から去ってしまうことを
家族達は承知していると思いますが、
実際、亡くなったときの家族の悲しみは大変深く
とても冷静ではいられない状態でしょう。

臨終後は冷静な判断はできません。

非日常的な精神状態
葬儀のことをイチから勉強するのは無理でしょう。

希望通りの別れの場を選択することは
難しいと思いませんか?

お亡くなりなってから
スマホで葬儀屋を検索するのですか?

 

予習と準備は賢明な行動です。
こころの準備もできます。

 

縁起が悪いといって、
葬式の事を先延ばしにしている人はすくなくありません。

 

お別れのときは突然やってくるのです。

 

余命が一週間を切る前に
葬儀についてしっかり用意しておくことは
看取る者のつとめです。

 

この記事を見ていただいた方の多くが
あらかじめ大切な人が亡くなったあとのことを考え、
行動に移しています。

 

葬儀は末期がん患者を抱える家族にとって
避けられない重大事です。

実際家族身近が家族がなくなることは
人生何度もあることではありません

だれもがよく分からず、不安になります。

 

お亡くなりになってから葬儀業者を手配すると

死亡→葬儀業者に依頼→葬儀業者と打合・段取り→お通夜・告別式

という手順をとります。

 

お亡くなりになってから葬儀の準備をすると
今まで感じたことのない喪失感と深い悲しみの中で
葬儀業者と打合をしなくてはなりません。

 

これは肉体的にも精神的にも辛いことであり、
家族にとって更なる試練になるでしょう

あなたが冷静な判断ができるうちに
正しく葬儀のことを知っておくべきでしょう

 

大切な人がお亡くなりになってからの手順を、
しっかり準備しておくことで得られるものは、
安心感です。

決して不吉なことではありません。

死ぬことを期待してるようで忌み嫌う方もいますが
私自身は決してそのようなことは思いません

いざというときになって、
慌てて葬式のことを考えても
冷静な判断は難しいですよね。

日常では感じたことのない喪失感と悲しみの中で
葬儀や死後の手続きをしなくてはなりません。

葬儀の専門家が代わりに見積もりを取り寄せるので
見積もりの高い葬儀社を断るストレスがありません

また複数の見積もりを取り寄せることが出来るので
費用のトラブルを防止することが出来ます。

お亡くなりになった後、
葬儀屋と打合をすると冷静な判断ができず、
思わぬ請求がきてしまうというトラブルが生じかねません。

今までお世話になった方の数や
社会的地位、年齢などで
適切な葬儀規模は変わってきます。

頭がしっかりしている、
あ余命一ヶ月前までに、
どれぐらいの規模の葬儀を行いたいか、
どのような葬儀を行うのか
しっかり考えておくべきでしょう。

落ち着いたお別れをするために見積もりをとり、
準備しておくことは
前向きな考え方です。

周囲に気兼ねしないゆったりとした別れの場を
選んでください。

小さなお葬式 新バナー