まだ間に合う?!EPA(エイコサペンタエン酸)でちょっと元気に長生きできるかも!?

EPA内服開始の前には主治医に相談してください。

効果を疑うようであれば使用しないでください

 

かなり痩せが進行している場合、
EPAは効果がないばかりか
吐き気、出血等の副作用がまさり
推奨されていません

 

これらのことをふまえた上で
読み進めてください!

 

あなたはまだ
ガンになっても痩せていないかもしれません

 

ガンが進んでゆけば、
筋肉が減り、
体重が減ってゆきます。

 

EPA(エイコサペンタエン酸)が
ガンの痩せに効果があるかもしれないのことを
ご存知ですか?

 

まだ自分には早いとか
効果が証明されていないと
不安に思って使用することを
ためらわれていたのかもしれませんね

 

抗ガン剤や免疫療法など
いろいろ行ってきたけれど、
思うような効果が出てこなかった
という人も多いのではないでしょうか

 

世の中には多くのガンに対する
一見怪しげな
治療方法があります。

 

民間療法
補助的治療法
免疫療法
なかには呪術てきなものまであります。

 

科学的証明されていない
ガンに対する治療法が
多いのが事実です。

 

EPAが、
悪液質の速度を遅くする可能性が
あるとされています。
Colomer.Br J Nutr 97:827-831, 2007

 

緩和医療学会の報告では
EPAは集学的医療方法のひとつとして
有望であるというレベル
としています

 

ガンの痩せ(悪液質)は
ガン患者の20-80%に合併し、
生活の質を低下させ、
生命予後にも強く関わっていると
昔からいわれています

 

しかし、
残念なことでありますが、
体重減少のメカニズムは
まだまだ解明されていません

 

現状では完璧な解決策を
打ち出せていないのです

 


自分の体重減少してゆくことを
イメージできますか?

このサイトで
ガンになると筋力が落ち
日常生活が出来なりますよと
繰り返し申し上げています。

 

しかし
自分の最期をイメージしづらく、
余命を楽観している方が
多いのではないでしょうか?

 

人間は先に訪れる苦痛があったとしても
目先の快楽を選びます。

 

それは行動学的に説明されています。

 

たとえば、
すごく太っていて、
ダイエットをしないと
血管が詰まって心筋梗塞になる確率が
高いと知っていても、
ドーナツの店の前を通ると
ドーナツを食べてしまうんです。

 

もちろんドーナツを
食べちゃいけないことは知っています。

 

でも目先の快楽を選んでしまうんです。

 

それが普通です。

 

ガンが相当進行し、
食欲がなくなってから、死ぬということを
実感してから、予防を始めるひとが多いのです。

 

しっかりと自分の命と向き合い、
身の回りの整理をしているような立派な方でも、
自分がどのように弱っていくかを
知らないことが多いように思います

 

このサイトで勉強してくれた方たちは、
ガンの痩せ(悪液質)や
筋力低下から生じる症状を
知っていただけたと思います。

 

痩せる速度を遅くすることができれば、
終末期の苦痛が減るかもしれません?

 

できるだけ早い時期から、
悪液質の知識を得て、
心づもりをしておいてほしいのです。

 

苦痛の少ない終末期を過ごすには
筋力を落とさないようにすることと
痛みを少なくすることが
大切です。

 

ガンになったら
痩せて死ぬのです。

 

まだガンの治療に諦められない人
まだまだ残された時間があると思っている方

 

補助療法ではよくあることですが、
期待が高すぎる場合、
あなたの期待する効果は得られないでしょう

 

何度も申しますが、
出血傾向があるかたは飲んではいけません。

 

出来るだけ長く自分らしく過ごしたい

 

少しでも楽に、自分らしく過ごしたい
という点を重視している方には
効果をえることができるかもしれません。

 

EPAを飲めば、
すぐに劇的な効果が得られるというものではありません

 

たかがサプリメントであり、もともとは食品です。

 

完全に体力の喪失(悪液質)を抑えることが
できるわけでもありません。

 

また科学的に実証されている量はかなり多く、
効果を得るには
少なくとも数ヶ月は継続して
飲む必要があります
Colomer.Br J Nutr 97:827-831, 2007

 

どのような研究をここで紹介しても、
あなた自身にとって
飲まなかった場合と飲んだ場合のの比較は不可能です

 

EPAを始めていなかったら
あなたの悪液質の進行は早いかもしれません

 

EPAを飲んでいれば
苦痛なく楽に過ごせるかというとそれも違います。

 

あなたらしく、
よりよく過ごすにはどうすればいいか
ということを常に考えて
そのときそのときに
ベストな選択をしてゆくだけなのです。

 

何もせずに手をこまねいていていいか?
ということです。

 

痛みを取ったり、
息苦しさをとることは現在の医療で
おおむねコントロールできると
いわれております。

 

終末期の生活を
どれだけ自分らしく過ごすことができるか?
と言う点に焦点が当てられてゆくことでしょう

 

そのためには筋力の低下を抑える薬が必要ではないかと
真剣に考えている先生方は沢山います。

 

このサイトを訪れてくれた方は
だれよりも
ガン末期になっても自分らしく過ごすこと
大切に考えている方たちだとと思います。

 

事実、かなりの方が、
リピーターとなって
わたしのサイトに来てくれています

 

何度も申しますが、
EPAは悪液質に対し、
治療効果があるかもしれないという程度の
エビデンスしかありません。

 

 

自分の時間を大切に
大切な家族との時間を大切にするためにも
あなたらしく生活したいと思っているに違いありません

自分で来出来る数少ない
悪液質の医学的な対策がEPAなのです。

 

ガン患者のほとんどは悪液質になります。

 

秋の訪れとともに
草木が枯れてゆくように
徐々に徐々に悪液質がすすみ
筋肉が減り痩せてゆくでしょう。

 

体力を落としたくない。
自分の自信を失いたくない。
元気なままでできるだけ過ごしたい

人に迷惑をかけない体の状態で
生活を送りたいと誰もが強く願っているに
違いありません。

 

体力を落とさず、
自信を失わず、
できるだけ元気なままで
過ごすには
どうしたらいいのでしょう?

 

残念ですが、
決定的な治療はまだないのです。

 

まだ医学的な根拠に乏しくはありますが
EPA製剤の潜在能力に
期待しているのです。

 

どのEPA製剤を選んだらよいのか

正直申しまして
どのようなEPA製剤でも効果は同じだと思います。

 

高脂血症の保険適応で
「エパデール」や「ロトリガ」があります。

 

高脂血症があれば病院で処方してもらえます。

 

通常はサプリメントとして
自分で手に入れる必要があります。
世に中には、多くのEPA製剤があふれかえっており
どれを選んだらいいのか迷ってしまうのではないでしょうか?

 

インターネット上でもEPA製剤の紹介があふれかえっています

 

何を基準で選んだらいいか迷いますよね。

抗炎症作用が強いEPA含有が多い製剤を選ぶ

 

EPAと同じオメガ3脂肪酸の1つにDHAがあり、
多くのEPA製剤はDHAを含有しています。

 

DHAにもEPA同様に
抗炎症作用が期待できるのですが
DHA単独での抗炎症作用は
まだ証明はされていません

 

実際、
抗炎症作用はEPAのほうが強いと考えられています

 

DHAは脳神経への作用が強く
記憶力増進などが期待できますが、
抗炎症作用はEPAが勝っています

 

抗炎症作用で、悪液質を防ぐことを期待しているので、
EPAを多く摂取できる製剤が望ましいとは思いませんか?

 

EPAだけ飲んでいればいいかというと、
よく分かっていません。

どのような魚にもEPAとDHA両方の魚油が含まれているので
体内での吸収という観点からするとEPA単独摂取よりか
DHAも同時に摂取するほうが自然な形に近いと思います

 

できることなら、
魚を食べて、EPAを摂取することが一番自然なことだと思います

 

ちょっと
想像してみてください

 

もしあなたの大好きな青魚であったとしても、
毎日食べることは難しいでしょう?

 

わたしたちが、EPAを取ろうとしている目的は
健康維持だけでないはずです

 

悪液質予防
筋力低下予防
体力低下予防

 

悪液質を予防するために
できるだけ有意義に終末期を過ごすために
効率よくEPAをとる必要があるのです

 

一日2gのEPAを
魚を食べるだけで定期的に摂取することは非現実的です。

 

サプリメントを利用し、
意識的に補う方法を選択するべきだと思いませんか?

 

 

厳選した3つのEPA製剤

数あるEPA製剤の中から特徴あるEPA製剤を3つ紹介します。

 

EPA製剤で一番大事なことは続けることです。

どうしたら続けられるかは
人によって異なりますので
参考程度にしてくださいね

 

マイクラのさかな暮らし ★★★★★

1日量(6粒)のEPA・DHAが860mg。
EPA/DHA=600/260
EPAの含有比が高いのが特徴。

さかな暮らしよりEPAの割合が多い製品は
なかなかありません。

一ヶ月分2800円とコスパもいいですね。



 

みやびのDHA&EPAオメガプラス ★★★★☆

1日量(4粒)のEPA・DHAが780mg。
EPA/DHA=260/520
DHAの含有量が多く、
わたしたちが摂取したいEPAが少ない

EPA/DHA以外にも鮫肝油や
酸化防止目的にクリオオイルが含まれている

定期コースなら送料無料で
一ヶ月あたり1666円(税込み)

コストパフォーマンスがとても良い製剤ですが、
EPAの含有割合が低いので☆を1つ減らしてあります。

みやび

 

ニッスイのイーマクS 液体EPA ★★★★★

1日量のEPA・DHAが920mg!
EPA/DHA=660/260 EPAの含有比が高い。
液状のジュースなので、飲みやすい。

10本3000円。

ソフトカプセルより飲みやすい。
コストパフォーマンスが少しよくないですが
イーマクが1番おススメです。

飲むのが辛くなると続けられません。
続けるつもりならイーマクでしょう。



 

 

ここで紹介したEPA製剤は数あるEPA製剤の一部に過ぎません

ご参考にしていただければ幸いです。

何度も申しますが、出血傾向がある方、痩せがかなり進行してしまっている方には効果が期待できませんし、副作用が出てしまうことがあり推奨されません。