ガンでなぜ死ぬのか知っていますか?




ガンは癌では死なない

ガンと診断されたとき、恐怖を感じない人はいないのではないでしょうか?

死を直視しなければならないときの、恐れ、無力感は言葉で言い表すことは出来ません。

ちょっと考えてみてください。

なんでがんで死ぬんですか?

 

ガンが大きくなって爆発するなんて話は聞いたことないし、ガンが体中を食い破るわけでもなさそうです。

痛みが強くなってショック死するなんて言うのは漫画の世界の話です。

冷静になって考えてもガンを患った人が、どのように死んでゆくのかあまり知られていません。

ガンでどのように死ぬのかよく理解されていないことが、恐怖の原因の一つでもあります。

 

意外なことかもしれませんが、ガンが大きくなることが直接死因になることはあまりありません。

例えば、卵巣癌がめちゃくちゃ大きくなって、腸閉塞になって死を迎えることはあっても、卵巣癌自体がデカくなりすぎることは直接的な原因ではないという意味です。

癌は癌では死なない」という名言があります。

 

ガンで死ぬ一つの原因は異常な体重減少です。

異常な体重減少を専門的な言葉で、がん悪液質といいます。

ガンが大きくなると、がん細胞からいろいろな物質が分泌され、体中のありとあらゆるタンパク質を消費してしまいます。おまけに、栄養を吸収できなくなり、さらには食欲がなくなり、最期は飢餓状態になります。

体はタンパク質で出来ているので、ガリガリに痩せます。

ガンのサイズ自体が問題ではなく、ガンが身体中の栄養を消費してしまうことが死因となります。

 

正常な臓器の機能が奪ってしまうことが、もう一つの原因です。

肺、脳、肝臓などの生きてゆくための重要な臓器でガンが大きくなっていくと、正常な肺や脳の機能を奪い、死ぬ原因となることがあります。

圧倒的に多いガンの死ぬ原因は、悪液質による体重減少・筋肉量減少と栄養状態の悪化です。

呼吸筋などの生きてゆくための筋肉の減少がすすめば、体に必要な酸素を取り込むことが出来なくなってゆきます。

多くのガン患者の場合、呼吸の機能が一定ラインより下がると生命活動が出来なくなり、死を迎えます。

一定ラインを厳密に申し上げることは出来ませんが、呼吸機能が一定ラインより下回ると、橈骨動脈(手首の親指側の動脈)を触診で触れないぐらいの血圧になります。

ここまで血圧が下がると呼吸機能が回復することは少ないでしょう。

スポンサーリンク


 

固いガンが大きくなると辛い末期症状が出るようになる

ガンは周囲の正常な組織を食いつぶしながら大きくなります。ガンが大きくなればなるほど、様々なガンの症状が現れます。

痛み

ガンが大きくなり、神経を障害したり、痛みの強い骨に転移すると強い痛みを生じます。例えば卵巣癌の場合、ガンが骨盤内で大きくなれば、腰の神経を圧迫し痛みを生じます。

大きくなったガンが内蔵にある痛みの受容体を刺激するようになれば強い痛みを生じるでしょう。

骨に転移したら骨を食いつぶし大きくなります。骨の膜には痛みを感じる受容体がたくさんあります。少し動くだけで痛みの受容体を刺激するようになり、強烈に痛みます。

痛むからといって、命に関わることはありません。ガンは死ぬほど痛いのですが、痛みで死ぬことはありません。

 

そのほかガンがおおきくなって現れる症状

肺癌の場合は肺癌が正常な肺を食いつぶしながら大きくなります。正常な肺組織が減ってしまえば、機能が低下し息苦しさを感じます。

癌は固いですので、大きくなるといろいろな臓器を圧迫します。腎臓から膀胱への通り道である尿管を圧迫すればオシッコが出なくなり、腎不全になるかもしれません。

脚の大きな静脈を圧迫すると、脚の浮腫の原因になります。大腸ガンやぼうこう癌、卵巣癌、子宮ガンなど骨盤内に発生するガンの場合、脚がむくみやすくなります。これもガンが大きくなることが原因です。しかし、脚が浮腫むからといって、死ぬわけではありません。

 

肺や肝臓などの重要な臓器で癌が大きくなり、呼吸機能や肝臓の機能が減ってしまえば命に関わります。重要な臓器でガンが大きくなると、命に関わる場合があります。

胃、食道、腸など腸管内でガン大きくなり、詰まってしまうと、食べれない、飲めないという状況が現れ、命にかかわります。意外かもしれませんが、お腹の中でガン自体が巨大化しても命に関わらない場合が多いのです。

スポンサーリンク


 

まとめ

ガンは異常な細胞の塊です。無尽蔵に様々な炎症物質が放出されています。ガンが大きくなると炎症物質の分泌量が増え、体重減少を進行させます。これがガンの死因となります。

筋肉が減り、飲み込む、咳をする、息をすう、息を吐くなどの生きるために必要な筋肉がなくなり、誤嚥性肺炎や呼吸が十分できないことで死を迎えることになります。

ガンが大きくなり重要な臓器を圧迫して命に関わることもありますが、意外と少ない印象です。

「癌では死なない」とは癌の原発が大きくなることが直接命に関わるということではなく、正常な臓器機能を奪うこと体重減少・筋肉量減少・悪液質で命を落とすということなのです。

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。ガンでどうやって死ぬのかについての記事を多数アップしております。参考にしてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください