ガンの余命一ヶ月は、どのような症状があらわれるのか

一ヶ月

余命一ヶ月

ガンでどのように死んでゆくのか誰もが不安を抱えています。

ガン患者の家族であるならどのように臨終を迎えるかを理解し、心の準備をしておきたいところです。

ガンは死病であり、かかれば死ぬ病気です。治療可能な早期であればこの限りではありませんが、ある程度進行している場合は現在でも死病です。

半世紀前まではガンにかかれば、治療方法は有りませんでした。今は早期発見されて、適切な治療をすれば完全に治ることもあります。いまでも、他の臓器に転移しているような、進行したガンの場合、ガンで死ぬことになります。

ガン患者であっても心筋梗塞や脳卒中などガン以外の原因で死を迎える可能性もありますが、進行したガンであれば、ガンが原因で死を迎えます。

多くの方がガンは死ぬ病気だと恐れているのですが、どのように死んでゆくかは知らないのではないでしょうか。どのように人生の終焉を迎えるか知らないと、必要以上に不安が強くなります。

心理学辞典によると、不安とは自己価値を脅かすような破局や危険の漠然とした予感とあります。死への過程を理解すれば、漠然とした予感を少し解消できると思います。

この記事は、一ヶ月間どのような症状が現れながら死んでゆくのか、手短に書かいてあります。

ガンの最後の一ヶ月の症状

がん終末期の共通した症状は悪液質(筋肉の低下)意識障害です。どのようなガンを患っていても、進行とともに痩せが進んでいきます。

ガンになる前はがっちりした人やポッチャリした人でも、病気が進むにつれて、筋肉や脂肪が減っていきます。

多くの末期がんの方は、顔の肉が落ち、ほほの骨が浮かび上がり、目はくぼみ、げっそりとした顔つきになっています。足は浮腫でむくんでいても顔はやせ衰えてしまいます。

手足の筋力が落ちてくるため、動きがゆっくりになっていきます。筋力は落ちますが、最後の一ヶ月に入るまでトイレに行ったり、風呂に入ったり、食事をしたり,服を着たりする日常の動作は問題なくできます。

日常動作がゆっくりになり、ボタンを着けるなどの細い作業が難しくなるため、患者本人から「体力がなくなってきた」という発言が多くなります。

長い距離を歩くなどの動作は最期の一ヶ月になる前から、出来なくなります。一見すると本人がやりたがらないだけのような感じを受けます。今まで日課であった散歩をしなくなったりまします。筋力低下も原因の一因ですが、余命一ヶ月ぐらいになるとヤル気、興味、好奇心が失われます。自身が無くなったと発言する人もいます。

余命一ヶ月ごろになるとテレビや新聞など外界に興味がなくなります。テレビも見ずにベッドで横たわっているのであれば集中力、注意力が低下しているサインです。

筋力低下は終末期ほど急速であり、余命数週間では、急に自分の足の力で移動が出来なくなり、トイレに行くことが苦痛でになり、ベッドの上でしか生活できなくなります。自分の力でベッドの横にあるポータブルのトイレにすら行くことができなくなってしまうのです。

余命2週間を切る頃には、自分の力で寝返りが打てなくなります。寝ていても体を動かすことが難しくなるため、褥瘡(床ずれ)ができやすくなります。

 

衰えるのは手足の筋肉だけではありません

食道、横隔膜など飲み込んだり呼吸をするための筋肉も一様に衰えます。病気がすすむと、食べ物を飲み込むことも辛くなり、咳も弱々しくなります。筋力低下が命に関わるのは、生きてゆくための筋力までが低下するためです。

 

飲み込む力が落ちるため、固いものを食べづらくなり、お粥などのやわらかい流動食しかのどを通らなくなります。

食べ物を飲み込む時は、気管に食べ物が入らないように、声門がピッチリと締まるのですが、締まるタイミングが遅く、弱くなるため、水や食べ物を食べるとむせるようになります。

これが誤嚥です。

さらに筋力が落ちるとむせれなくなり、気管に食べ物が残り、肺炎を引き起こしてしまいます。これが誤嚥性肺炎です。ガン終末期では、誤嚥性肺炎がきっかけで命を落とす人はたくさんいます。

残念ながら、命に関わる筋肉の減少は止められません。現状では出来なくなってきたことを受け入れ、支えることが最良の解決策です。栄養をつけようと、無理に食べさせたり、飲ませたりすると苦痛が増えるのは想像できると思います。

 

衰えるのは筋肉だけではなく体じゅうのタンパク質が減少する

筋力低下に合わせ、浮腫や胸水、腹水が増える方もいます。アルブミンという血液内のタンパク質が減り、血管内の水が血管の外に漏れるために足のむくみ、腹水、胸水が溜まってしまうのです。

筋力低下に合わせ、必ず食欲も落ちてきます。「食べないと体力が落ちるから、食べないといけない」と思っても、食べれなくなります。

 

意識障害(頭の機能が低下する)

先にも記載しましたが、最期の一ヶ月を切る頃になると、集中力がなくなり、外への興味がなくなります。テレビを見なくなったり、新聞を読まなくなります。

毎日欠かさず新聞を読んでいた父親が、急に新聞を読まなくなったり、本を読まなくなってきたのは、がんの進行にともなう注意力の低下です。読んでいない新聞が机の上に置きっ放しになっていたら、頭の機能が低下してきているサインかもしれません。

さらに意識障害が進み、食欲が下がり、食べれなくなる頃には、つじつまの合わないことや、わけのわからない単語を発するようになります。話がチグハクしたり、つじつまの合わないことを言うようになると残された時間は数週間以内でしょう。

 

見えないものが見える幻覚が生じるようになります。頭の機能、意識レベルが下がった兆候です。

 

お別れの数日前になると、尿が出なくなり、手足にチアノーゼ(青くなる)が見られるようになるでしょう。

さらに臨終近くになると、うめき声のような言葉にならないようなことを言うようになり、目を開けて過ごす時間が少なくなるでしょう

臨終の直前は、血圧が下がり、肩で呼吸をします。

臨終の直前になると、本人の意識はありませんので、苦しそうな呼吸であっても苦しくありません。声を掛けると反応しますが、しっかり答えれません。声は最後まで聞こえていると言います。しかし、理解はできていません。

最期は眠るように死んでゆきます。

 

がんは早く進む老衰

多くの人の理想的な最期の迎え方は老衰ではないでしょうか。長生きし天寿を全うする。出来るだけ周囲に迷惑をかけずに天寿を全うしたいと考えているのではないでしょうか。しかしそれは無理です。

どのような臨終であっても人生の最後に誰の力も借りずに、人生の終焉を迎えることはできません。全ての赤子が親の力を借りないと大きくなれないのと同様、全ての親の最後は子供または他人に世話をしてもらう必要があります。

ガンは老衰のように死んでゆくと言われています。老衰と違う点は、衰える速度が速く、臨終に近づくにつれて、衰えの速度が速まるという点です。

最期の一ヶ月に入ると衰え方のスピードがアップするので、急激にいろいろなことが出来なくなり、様々な症状が現れます。

多くの場合、普段の生活で行っている動作(食事、排泄、移動、入浴など)が出来なくなるのは最期の一ヶ月ぐらいです。

若い人の場合は体力があるので、自分のことが出来なくなってから臨終まで2ヶ月以上の場合もあります。

 

癌は決まったの弱り方、衰え方をします。故に、余命の予測が可能です。

この記事を参考にしていただき、体が弱る前に準備をしておけば、本人も家族も無理の少ない最期の一ヶ月間過ごせるでしょう。

 

関連記事:終末期の悪液質を乗り切る準備

参考文献:聖隷三方原病院 症状緩和ガイド

ここまで読んでいただき、ありがとうございます。最期の迎え方に関する記事も参考にしてください。

最期の迎えの関連記事

この記事をシェアする

2 件のコメント

  • こういう記事を書いてくれて有難うございます。

    何度も何度も読みました。

    近々見送る人がいます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

    ABOUTこの記事をかいた人

    終末期、緩和ケア、死生観の研究をしてます。終末期を穏やかに過ごすためには医療サイドと家族サイドの見解の一致が不可欠です。死への知識を深め、家族の力をアップさせることが終末期の苦痛を減らす大きな要素だと信じております。